2017年1月5日

エリスロポエチン産生不全による腎性貧血動物モデルを樹立-腎臓におけるエリスロポエチン遺伝子転写制御機構の解明

東北大学大学院医学系研究科の清水 律子(しみず りつこ)教授(分子血液学分野)、平野 育生(ひらの いくお)助教(分子血液学分野)、山本 雅之(やまもと まさゆき)教授(医化学分野)らは、赤血球産生を誘導するホルモンであるエリスロポエチン(EPO)の組織特異的な制御機構を解析し報告しました。また、腎臓特異的なEpo遺伝子転写制御機構の破壊により貧血となるマウス系統を樹立し、新たな腎性貧血マウスモデルとして報告しました。

 本研究成果は、これまで不明であった腎臓におけるEpo遺伝子の制御機構を、初めてマウス個体を用いた解析により明らかとした重要な報告です。本研究によって、腎機能障害によるEPO産生抑制機構の解明や、EPO産生を誘導する薬剤の開発などに繋がることが期待されます。本研究成果は、2016年12月5日に米国科学雑誌「Molecular and Cellular Biology」(オンライン版)に掲載されました。

pagetop