2017年4月27日

牛難治性疾病の制御に応用できる免疫チェックポイント阻害薬 (抗PD-L1抗体)の開発にはじめて成功

・牛白血病ウイルスに感染したウシでは,免疫チェックポイント因子(Programmed cell death-1(PD-1)やProgrammed death-ligand 1(PD-L1))によって抗ウイルス免疫が抑えられていることを解明。
・免疫チェックポイント阻害薬(抗ウシPD-L1キメラ抗体)を開発し,PD-1とPD-L1の結合を阻害すると抗ウイルス免疫が回復することを生体外試験(in vitro)で確認。
・開発した抗体を牛白血病ウイルスに感染したウシへ接種すると,生体内(in vivo)で抗ウイルス免疫を増強し,ウイルス量を減少させることに成功。
・牛白血病をはじめとした牛難治性疾病に対する新規制御法として期待。

【研究概要】
家畜の伝染病においてワクチンが樹立されている疾患はごくわずかです。牛難治性疾患に対するワクチン開発においては,接種した動物で期待された効果が認められない事象は非常に多く,新たな戦略が求められています。これまでの今内准教授らの研究によって,様々な牛難治性疾病で複数の免疫チェックポイント因子が免疫細胞を疲弊化させ,病態を進行させていることを明らかにしてきました。一方,この免疫の疲弊化は可逆的であり,その免疫抑制機序を遮断することで抗病原体機能を回復できることも報告してきました。本研究では,昨今,国内で増加傾向にある牛白血病をモデルに免疫を再活性化(免疫賦活)し,ウイルス量を減らすことができる免疫チェックポイント阻害薬(抗ウシPD-L1キメラ抗体)の開発に成功しました。本開発技術は,牛白血病をはじめとした牛難治性疾病の新規制御法として応用が期待できる成果と考えられます。

pagetop