2017年5月17日

妊娠高血圧症候群における「酸化ストレス」の意外な役割〜酸化ストレスが病態を改善する〜

 東北大学の祢津昌広 助教(東北メディカル・メガバンク機構 地域医療支援部門)、相馬友和 研究員(医学系研究科 医化学分野・現ノースウェスタン大学)、鈴木教郎 准教授(医学系研究科 酸素医学分野)、山本雅之 教授(医学系研究科 医化学分野・東北メディカル・メガバンク機構長)らのグループは、妊娠高血圧症候群の原因のひとつとされていた「酸化ストレス※」が、妊娠高血圧症候群を発症している母体や胎児の病態を改善することを発見しました。また、酸化ストレスが胎盤の発育を保つことで、妊娠高血圧症候群における胎児の成長を維持することをマウスを用いた研究により明らかにしました。酸化ストレスは生体に悪影響を及ぼすとされてきましたが、今回の研究成果により、酸化ストレスの意外な一面が提唱されました。妊娠高血圧症候群は妊婦の3~5%の高頻度で発症しますが、不明な点が多く、治療法が確立されていない疾患です。本研究の成果により、妊娠高血圧症候群の病態が解明され、新たな治療法の開発が進められることが期待されます。
本研究結果は、米国東部時間2017年5月16日に米国科学雑誌「サイエンス・シグナリング」のオンライン版で公開されました(解禁時間 米国東部時間5月16日午後2時、日本時間5月17日午前3時)。

pagetop