2017年5月24日

味を感知する受容体のセンサー領域の立体構造を初めて解明

 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(薬)のニパワン・ヌアムケット特任助教(研究当時)、安井典久助教、山下敦子教授ら、理化学研究所、農業・食品産業技術総合研究機構、分子科学研究所、東北大学、大阪大学の共同研究グループは、口の中で味物質の感知を担う味覚受容体タンパク質について、受容体の主要部分である細胞外のセンサー領域が、味物質を結合している状態の構造を解明することに成功しました。五感を担うセンサータンパク質のうち、味覚の受容体の立体構造が明らかになったのは、これが初めてです。本研究成果は5月23日(英国時間午前10時)、英国の科学雑誌「Nature Communications」に掲載されました。
 味覚受容では、食物に含まれるさまざまな化学物質を、限られた種類の受容体で認識します。このことから、味覚受容体は、特定の化学物質を厳密に見分けるセンサーではなく、比較的幅広い化学物質を認識できるセンサーであるという特徴があります。研究グループは、大型放射光施設SPring-8を用いて解析を行い、味覚受容体が持つ味物質結合ポケットの独特の構造が、多様な味物質の認識を可能にしていることを明らかにしました。
 本研究成果は、味覚の仕組みを理解する重要な一歩になるとともに、新しい味物質の開発などにもつながると期待されます。

pagetop