2017年6月6日

個別化医療の推進体制をスタート

東北大学病院は、患者のゲノム・オミックス解析や診療情報を活用し、患者ひとりひとりに最適な治療を提案するシステム「個別化医療」を推進する取り組みをスタートしました。
本プロジェクトは、2017年4月1日に東北大学病院内に設置した「個別化医療センター」が中心となり、世界に先駆けたゲノムコホート研究の基盤を有する東北メディカル・メガバンク機構や、最新医学知識と基礎医学研究の基盤を有する医学系研究科等と密接に連携し、希少性疾患を中心とした「個別化医療」の推進を図っていくものです。

pagetop