2017年6月7日

牛難治性疾病の制御に応用できる免疫チェックポイント阻害薬 (抗PD-1抗体)を、抗PD-L1抗体薬に続き開発

・ウシの生体内で持続的に効果を示すPD-1を標的とした免疫チェックポイント阻害薬(抗ウシPD-1キメラ抗体)を新たに開発。これは,2017年4月27日に報道発表した免疫チェックポイント阻害薬(抗ウシPD-L1キメラ抗体)とは標的となる因子が異なる新規薬である。
・開発した抗体にはウシPD-1とPD-L1の結合を阻害する活性があることを確認。
・開発した抗体を牛白血病ウイルスに感染したウシへ投与すると,抗ウイルス免疫応答が増強され,ウイルス量が減少。
・免疫チェックポイント阻害薬は,牛難治性疾病に対する新規制御法として期待される。

【研究概要】
 家畜の感染症においてワクチンが樹立されている疾患はごくわずかです。牛難治性疾患においては免疫抑制の影響で,期待されたワクチン効果が発揮されない事象が認められ,新たな戦略が求められています。このような牛難治性疾病では,免疫チェックポイント因子PD-1/PD-L1を介してリンパ球の機能が疲弊化され,病態進行を助長することを,北海道大学大学院獣医学研究院の今内 覚准教授らの研究チームは明らかにしてきました。そのため,PD-1/PD-L1を標的とした阻害薬は,病原体に対する免疫応答を活性化し,牛難治性疾病の病態進行を防ぐことができる新たな治療薬になりうると考えられています。
 本プレスリリースは,「牛難治性疾病の制御に応用できる免疫チェックポイント阻害薬(抗PD-L1抗体)の開発にはじめて成功(2017年4月27日プレスリリース)」の続報です。前回は免疫チェックポイント因子PD-1に結合するPD-L1を標的とした抗体薬の開発について発表しましたが,今回はPD-1を標的とした抗体薬の開発であり,動物でははじめての報告となります。
 本研究では,ウシの免疫チェックポイント阻害薬として,抗ウシPD-1ラット-ウシキメラ抗体を開発しました。このキメラ抗体は,抗ウシPD-1ラット抗体の可変領域(抗原結合領域)と,ウシ抗体の定常領域(基本骨格)を融合させた抗体で,ウシの生体内から排除されにくくなり,より長期間効果が持続します。実際に,国内で増加傾向にある牛白血病をモデルとして実施した抗体投与試験では,抗体投与後に抗ウイルス免疫応答が活性化され,ウイルス量が減少しました。このように本開発技術は,牛白血病をはじめとした牛難治性疾病の新規制御法として応用が期待されます。

pagetop