2017年8月9日

がん分子標的薬の効果を投薬前に高精度で診断する方法の開発

 東北大学大学院医学系研究科の権田 幸祐(ごんだ こうすけ)教授、大内 憲明(おおうち のりあき)名誉教授、渡辺 みか(わたなべ みか)准教授、石田 孝宣(いしだ たかのり)教授、亀井 尚(かめい たかし)教授の研究グループは、コニカミノルタ株式会社と共同で、がんの診断や治療の標的となるタンパク質の量を、感度・精度良く定量的に検査する方法の開発に成功しました。
 これは、東北大学の権田教授らが考案した光るナノ粒子を1粒子ずつ計測する技術とコニカミノルタ社の材料合成技術とを融合・実用化した産学連携研究の成果です。この診断方法をがん組織のがんに関連するタンパク質の検出に適用した結果、従来の方法に比べ300倍以上の検出感度で目的タンパク質の量を正確に測定することに成功しました。さらに、本方法を実際に乳がん患者のがん組織診断に応用した結果、薬物療法の効果を治療前に精度よく診断予測することに成功しました。本方法により、がん分子標的薬の効果を定量的に予測することができ、患者に適した抗がん剤を選択する指標となり得ることから、将来の精密医療(プレシジョン・メディシン)への貢献が期待されます。
 本研究結果は、8月8日午前10時(英国標準時:日本時間8月8日午後6時)のScientific Reports誌(電子版)に掲載されました。

pagetop