2017年8月22日

世界初「腎-脳-心臓」連関:腎臓から心臓を治療する

 東北大学大学院医学系研究科循環器内科学分野の下川 宏明(しもかわ ひろあき)教授の研究グループは、冠動脈ステント治療後に治療部分近くに生じる冠攣縮反応に対して、カテーテルで腎動脈交感神経を除去する治療が有効であることを世界で初めて報告しました。 本研究は、ステント治療後の冠攣縮反応に自律神経の異常が関与していること、さらに、腎動脈交感神経除神経治療が「腎‐脳‐心臓」という複数の臓器間の連関を介して心臓へ好影響を与えることを、動物モデルを用いて世界で初めて証明したものであり、冠攣縮の病態解明や新規治療法の確立、さらには「腎‐脳‐心臓」の臓器連関のさらなる解明につながることが期待されます。
 本研究成果は、2017年8月17日(米国東時間、日本時間8月18日)に、米国心臓協会(American Heart Association, AHA)の学会誌であるArteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology 誌(電子版)に掲載されました。

pagetop