2017年10月19日

辻一郎教授が「遠山椿吉記念 第5回健康予防医療賞」を受賞

この度、本研究科公衆衛生学分野の辻一郎教授が、「遠山椿吉記念 第5回健康予防医療賞」を受賞することが決定しました。
受賞テーマは「健康寿命の延伸に向けた疫学研究と政策提言」です。

「遠山椿吉賞」は、一般財団法人東京顕微鏡院の創業者で初代院長である医学博士遠山椿吉先生の公衆衛生向上と予防医療の分野における業績を記念して、その生誕150年、没後80年となる平成20年度に創設されました。日本の公衆衛生において、人びとの危険を除き、命を守るために、先駆的かつグローバルな視点で優れた業績をあげて社会に貢献する研究を行った個人または研究グループに対し贈呈される賞で、今回が5回目となります。

授賞式、記念講演会は平成30年2月15日に開催されます。

pagetop