2017年11月8日

血管のベッドで細胞移植の効率をアップ - 糖尿病治療のための簡便・安全・効果的な膵島移植法の開発に成功 -

 東北大学大学院医学系研究科移植再生医学分野の後藤 昌史(ごとう まさふみ)教授、同大学院医学系研究科消化器外科の海野 倫明(うんの みちあき)教授、亀井 尚(かめい たかし)教授、植松 智海(うえまつ さとみ)医師らのグループは、糖尿病治療のための簡便・安全・効果的な膵島移植法を新規に開発しました。この方法は、血管の形成を新たに誘導する作用を持つ新規素材を用いることで、体にやさしい皮下への膵島移植を可能としたものです(図1)。本研究成果は、今後、膵島移植による糖尿病治療に大いに役立つと考えられます。さらに今後、肝不全に対する肝細胞移植など、他の様々な細胞移植治療への応用も期待されます。
 この研究成果は、2017年10月10日(火)付けで米国の国際学術誌Transplantationに掲載されました。

pagetop