2017年12月5日

平成29年度アジア学術セミナー参加者募集のお知らせ(12/15正午締切)

JSPS-DSTアジア学術セミナー:「エピジェネティクスとヒト疾患」の参加者を下記の通り、募集します。

期日:平成30年2月6日~平成30年2月10日

場所:Bose Institute, Kolkata, India

対象:国内の大学・研究機関に所属する若手研究者および大学院生(博士課程、一貫課程の場合は後期)

主旨と内容:
がんや変性疾患、感染症などをエピジェネティクスや微生物宿主相互作用の観点から講義し、今後の研究の方向性を討論し、日印共同研究につなげることを目指します。

予定講師:インド側 Tapas Kundu、Rakesh Mishra、Rukhsana Chowdhury 他17名、
     日本側 胡桃坂仁志、近藤豊、三室仁美 他12名

申し込み:
メールにて氏名、所属、職・学年等、研究領域、指導教授(大学院生の場合)、参加希望理由、連絡先を以下のメールアドレスに送付ください(様式任意)。

参加支援:国内-コルカタの旅費は日本学術振興会が、現地滞在費はインド科学技術省がそれぞれ負担します。

メール送付先・問い合わせ先 secretary*biochem.med.tohoku.ac.jp(送信時は*を@に変えてください)

締め切り:2017年12月15日(金)正午まで

日本側組織委員 委員長・五十嵐和彦(東北大学)、委員・川岸郁朗(法政大学)


pagetop