2018年1月26日

異分野連携:東北大発のiPhoneアプリ「おなかナビ」を開発 ‐世界初!スマートフォンを用いた過敏性腸症候群の調査研究‐

 過敏性腸症候群は、ストレス等によって腸の運動が異常となり、腹痛や下痢・便秘を伴う症状が続く疾患です。症状の度合いによっては生活の質(QOL)を著しく損なう場合があります。東北大学大学院医学系研究科行動医学分野の福土 審教授、田中 由佳里助教らのグループは、同情報科学研究科生命情報システム科学分野木下 賢吾教授(兼東北メディカル・メガバンク機構)、加賀谷 祐輝大学院生らと共同で、腹痛時の自律神経活動を測定できるiPhoneアプリケーション(アプリ)を開発し、このアプリを用いた過敏性腸症候群の神経活動調査を開始します。

 本研究は、医学系研究科の研究者と情報科学研究科の大学院生との異分野連携の成果で、日常生活中での腹痛症状メカニズムを明らかにすることを目指した初めての研究です。日本全国どこにいても正しい基準に基づいた過敏性腸症候群の可能性がチェックでき、病態解明のための研究に参加できます。本アプリケーションは、2018年1月26日にリリースされました。

pagetop