2018年3月15日

一人二役:タンパク質のスマートな使い方を発見 ‐BACH1タンパク質は遺伝子ON/OFF制御と染色体分配の両方に関わる‐

 東北大学大学院医学系研究科生物化学分野の李ショウ博士、島弘季博士、五十嵐和彦教授らのグループは、近畿大学生物理工学部食品安全工学科の白木琢磨准教授、東北大学加齢医学研究所の田中耕三教授らとの共同研究により、BACH1タンパク質の一人二役の機能を発見しました。
これまで、遺伝子ON/OFF制御では、転写因子と呼ばれる一群のタンパク質が、細胞分裂時の染色体分配では、分配に特化したタンパク質群が、それぞれ関わることが知られていました。本研究では、転写因子であるBACH1タンパク質が遺伝子ON/OFF制御だけでなく染色体分配にも働くこと、そしてこの2つの機能を使い分けるスイッチを発見しました。
本研究は、1つのタンパク質に2つの役割を与えることで細胞の多彩な現象が作り出されるスマートな仕組みを解明したものであり、癌など様々な疾患の理解につながることが期待されます。

 本研究の成果は2018年3月15日に英国生化学会の学術誌Biochemical Journalに掲載されました。

pagetop