2018年4月2日

ヨーネ病の病態発生メカニズムを解明 ~家畜法定伝染病ヨーネ病に対する制御法への応用に期待~

 北海道大学大学院獣医学研究院,同人獣共通感染症リサーチセンター,国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(以下,農研機構)動物衛生研究部門,東北大学らの研究グループは,ウシの法定伝染病であるヨーネ病において,プロスタグランジンE2(PGE2)と呼ばれる生理活性物質が免疫チェックポイント因子PD-L1の発現を誘導し,免疫を抑制していることを明らかにしました。
 家畜の感染症には様々な種類がありますが,ワクチンが樹立されている疾患はごくわずかです。ウシの慢性感染症には,免疫が抑制されてしまい期待されたワクチン効果が発揮されない事象が認められており,新たな戦略が求められています。本研究グループは,このような慢性感染症では,免疫チェックポイント因子(PD-1/PD-L1等)を介してリンパ球(T細胞)の機能が疲弊化され,病態進行を助長することを明らかにしてきました。しかし,これらの免疫チェックポイント因子が,ウシにおいてどのように発現誘導されるのかについては,これまで明らかになっていませんでした。
 本研究では,ヨーネ病に罹ったウシで多く発現することが確認されたPGE2に着目し,免疫チェックポイント因子との関連性やヨーネ菌に対する免疫応答への影響を検討しました。その結果,PGE2を介してPD-L1の発現が誘導され,免疫抑制が引き起こされることを明らかにしました。さらに,シクロオキシゲナーゼ-2阻害剤を用いてPGE2産生を阻害すると,ヨーネ菌に対する免疫応答が活性化され,この効果は免疫チェックポイント阻害薬(抗ウシPD-L1抗体)との併用により,さらに増強されることも明らかになりました。本研究の知見を基に,PGE2を介した免疫抑制メカニズムを標的とした,ヨーネ病に対する新規制御法への応用が期待されます。
 本研究の一部は,文部科学省科学研究費助成事業,農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業,農林水産省委託プロジェクト研究・薬剤耐性問題に対応した家畜疾病防除技術の開発,農研機構生物系特定産業技術研究支援センター革新的技術開発・緊急展開事業及び東北大学における国立研究開発法人日本医療研究開発機構創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(BINDS)の支援の下で行われた技術開発です。

 なお,本研究成果は,2018年2月26日(月)公開のInfection and Immunity誌に掲載されました。

pagetop