2018年6月19日

世界初のアルツハイマー型認知症に対する超音波 治療の医師主導治験 ―認知症に対する自己修復能力の活用―

東北大学大学院 医学系研究科 循環器内科学分野の下川 宏明教授、進藤 智彦助教、江口 久美子医師、 東北大学加齢医学研究所 老年医学分野 荒井啓行教授ら の研究グループは、低出力パルス波超音波(low-intensity pulsed ultrasound: LIPUS)がマウスのアルツハイマー型認知症モデルにおいて認知機能低下を抑 制する可能性があることを見出し、2018 年 6 月より、世界で初めて臨床の現場で探索的医師主導治験を開始します。
アルツハイマー型認知症は認知症の代表的な病態の一つであり、いくつかの症状改善薬が開発された現在もその根本的な解決策となる治療法が確立されていません。認知症に対する治療法の開発は、超高齢社会の進展に伴う認知症患者の急激な増加と相まって、世界的に大きな課題となっています。そのような中、新世代 の低侵襲治療とされる LIPUS 治療が、認知症に対する新たな治療手段として研究 が始まっています。

pagetop