2018年10月3日

サルモネラが持つ巧妙な生き残り戦術を解明 - 硫黄代謝経路をターゲットとした新たな抗菌薬の開発が可能に -

 東北大学大学院医学系研究科 赤池孝章教授らのグループは、熊本大学大学院生命科学研究部の澤智裕教授らとの共同研究により、多剤耐性細菌の世界的拡大が問題となっているサルモネラが、感染時に硫黄代謝物を巧妙に活用することで宿主の生体防御異常を引き起こしていることを、世界で初めて明らかにしました。
 本研究は、サルモネラが硫黄代謝物を利用して、宿主の防御機構の一つであるオートファジーから逃れていることを解明した画期的な発見です。今回の発見は、硫黄代謝物の合成経路をターゲットとした抗菌薬の開発に繋がることが期待されます。

本研究成果は、2018年9月6日付で、Cell Pressの「Cell Chemical Biology」に掲載されました。

pagetop