2018年11月16日

遺伝子変異解析により新たな膵がんの発生経路を発見 ―膵がんのリスク評価や治療法開発に期待―

 旭川医科⼤学・内科学講座の⽔上裕輔 准教授、北海道⼤学・腫瘍病理学教室 (現、東北⼤学・病理形態学分野)の⼤森優⼦ 助教、札幌東徳洲会病院・医学研究所の ⼩野裕介 主任研究員らの研究チームは、膵臓にできる腫瘍性の囊胞「膵管内乳頭粘液性 腫瘍(IPMN)」患者にみられる膵がんの形成において、良性と悪性の中間的な状態を⽰す 前駆病変が多彩な性質や特徴をもつ病変へと枝分かれしながら進化する、新しい発がん経路 を発⾒しました。

 本研究成果は、⽶国の科学雑誌『Gastroenterology』( 2019年2⽉号)の掲載に先⽴ち、 オンライン版(10⽉17⽇付け)にて公開されました。

pagetop