2018年11月20日

小児看護学分野の入江助手が研究奨励賞を受賞

小児看護学分野の入江 亘助手が執筆した論文が、日本小児がん看護学会平成30年度研究奨励賞を受賞しました。
11月14日-16日、京都市勧業館みやこめっせで開催された、第16回日本小児がん看護学会学術集会において、表彰式が行われました。
この研究は、小児看護学分野の塩飽 仁教授、宮城県立こども病院の名古屋 祐子さん(本学大学院後期課程修了,小児看護専門看護師)と共同で実施されました。

受賞論文:
入江 亘,塩飽 仁,名古屋 祐子:小児がんを経験した子どもの親の心的外傷後成長を構成する要素
-慢性疾患をもつ子どもの親との対比-.小児がん看護13(1):17-27,2018.

pagetop