2018年12月3日

月経困難症の既往が周産期のメンタルヘルス管理に重要 -妊娠前に月経困難症であった女性は妊娠中も心理的ストレスが大きい-

 東北大学病院婦人科学分野 渡邉 善助手、東北医科薬科大学医学部衛生学・公衆衛生学教室 目時 弘仁教授らのグループは、妊娠前に月経困難症があった女性は、妊娠中に心理的ストレスを抱えていたり、新規に心理的ストレスを発症しやすかったりすることを明らかにしました。
本研究は、妊娠により月経が来なくなったとしても、妊娠前の月経困難症の有無を聞き取ることの重要性を明らかにした初めての報告です。

 本研究成果は、2018年11月5日にJournal of Affective disorder誌(電子版)に掲載されました。

pagetop