2009年10月28日

東北大学名誉教授の日沼賴夫先生(ウイルス学)が文化勲章を受章しました。

東北大学名誉教授の日沼賴夫先生(ウイルス学)が今年度の文化勲章を受章しました。
日沼先生は、エプスタイン・バー(EB)ウィルスと成人T細胞白血病(ATL)ウィルスの研究において数多くのすぐれた業績を残し、国内外で高い評価を受けております。
日沼先生の永年にわたる医学研究を通して育てられた数多くの研究者は、現在も活発な研究活動を行っております。

略歴
昭和25年東北大学医学部卒業、旧制大学院修了後、同大学医学部助手。
昭和35年東北大学医学部助教授、同40年米国ロズウエルバーク記念研究所客員研究員、同43年東北大学歯学部教授、同46年熊本大学医学部教授。
昭和55年京都大学ウィルス研究所教授就任、同63年退官。京都大学名誉教授、熊本大学名誉教授、東北大学名誉教授(平成15年)として現在に至る。

pagetop