2008年4月30日

大隅教授の論文J Neurosciに掲載、JST・東北大からプレスリリース

医学系研究科の大隅典子教授が、転写調節因子Pax6がグリア細胞の発生を制御することを発見し、北米神経科学会誌「The Journal of Neuroscience」の表紙を飾り、掲載されました。

pagetop