トップ > 組織 > 障害科学専攻 > 融合医工学分野

融合医工学分野

教員構成

  • 教授 木村 芳孝
  • 助教 伊藤 拓哉
  • 木村 芳孝
    KIMURA, Yoshitaka

分野の紹介

我々は母体の中で40億年の生命の歴史で培われた発生の仕組みを使い1つの細胞(受精卵)から臓器とその調節系を作り外界で生きる体制を整えて生まれてきます。例えば脳性麻痺の原因となる低酸素状態に対しても胎児はその発生段階で様々な異なる反応を示します。我々の分野では生命の成り立ちを胎児期の発生を通して研究しております。
具体的には、
①胎児心電図を用いたヒト発生の各段階での心拍変動や生体反応の変化の研究
②マウス実験系を用いた胎児期の低酸素状態での遺伝子ネットワークの状態変化
③母親が食べる食べ物との関係
④薬物の投与に関して発生や形態異常に関する研究
⑤脳の発達と数理を研究することにより人間に近い人口知能の開発
などを行っています。それらを通して胎児期の様々な疾患を調べる方法の開発、治療法の開発を目標にしています。

論文・書籍・受賞などの実績

①木村芳孝, 八重樫伸生. 病室での計測を可能にした胎児心電図装置の開発. 平成28年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 開発部門.

②Marzbanrad F, Kimura Y, Funamoto K, Oshio S, Endo M, Sato N, Palaniswami M, Khandoker AH. Model-Based Estimation of Aortic and Mitral Valves Opening and Closing Timings in Developing Human Fetuses. IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics, 20(1): 240-8 (Jan 2016). doi:10.1109/JBHI.2014.236345.

③Iida K, Kimura Y. Mathematical Theory to Compute Stochastic Cellular Processes. Applications + Practical Conceptualization + Mathematics = fruitful Innovation: Proceedings of the Forum of Mathematics for Industry 2014, 11: 117-20. Springer, USA (2015). ISBN 978-4-431-55341-0

④Marzbanrad F, Kimura Y, Palaniswami M, Khandoker AH. Quantifying the Interactions between Maternal and Fetal Heart Rates by Transfer Entropy. PLoS One, 10(12): e0145672 (Dec. 23, 2015). doi:10.1371/journal.pone.0145672.

⑤Dong Y, Kimura Y, Ito T, Velayo C, Sato T, Sugibayashi R, Funamoto K, Hitomi K, Iida K, Endo M, Sato N, Yaegashi N. Vaginal LPS changed gene transcriptional regulation response to ischemic reperfusion and increased vulnerability of fetal brain hemorrhage. Biochemical and Biophysical Research Communications, 468(1-2): 228-33 (Dec. 4-11, 2015). doi:10.1016/j.bbrc.2015.10.125.

キーワード

胎児心電図, 脳性麻痺, 胎児発生生理, 機械学習, 複雑系ビックデータ解析, 遺伝子ネットワーク

分野問い合わせ

  • fetalecg2010*me.com(「*」を「@」に変換してください)
  • TEL 022-717-7575 
  • FAX 022-717-7575