トップ > 組織 > 保健学専攻 > 分子内分泌学分野

分子内分泌学分野

教員構成

  • 教授 菅原 明
  • 助教 横山 敦
  • 助教 伊藤 亮
  • 菅原 明
    SUGAWARA, Akira
  • 横山 敦
    YOKOYAMA, Atsushi
  • 伊藤 亮
    ITO, Ryo

分野の紹介

分子内分泌学分野では、メタボリック症候群や糖尿病合併症等の病態解明ならびに新規診断・治療法の開発を目指した研究を行っています。現在は主に分子生物学的手法を用いて1)アルドステロン合成酵素を標的としたハイスループットスクリーニング(HTS)系を用いた新規降圧薬の開発、2)脂肪細胞由来の新規アルドステロン誘導・昇圧因子の同定、3)糖尿病性腎症の遺伝子改変マウスを用いての病態解明・HTS系を用いた新規治療薬の開発、4)クッシング病モデルマウスを用いた同疾患の新規治療薬の開発、5)質量分析計を用いた核内受容体の転写共役因子の同定・新規翻訳後修飾の探索、等のプロジェクトを進めています。これらの遂行により、現在診断・治療に難渋している内分泌・代謝疾患の診療に役立つ事を願い、教室員は日々研究に励んでおります。これらのプロジェクトに興味がある方には是非ご参加頂き、一緒に研究を進めたいと考えております。

論文・書籍・受賞などの実績

①平成17年度東北大学医学部奨学賞金賞および坂田賞 2006年1月

②平成18年度日本内分泌学会研究奨励賞(内科) 2006年5月

③Upregulation of nitric oxide production in vascular endothelial cells by all-trans retinoic acid through the phosphoinositide 3-kinase/Akt pathway. Circulation. 2005; 112: 727-736. 2005年8月

④Identification of myelin transcription factor 1 (MyT1) as a subunit of the neural cell type-specific lysine-specific demethylase 1 (LSD1) complex. J Biol Chem. 2014; 289: 18152-18162. 2014年5月

⑤Effects of RXR Agonists on Cell Proliferation/Apoptosis and ACTH Secretion/Pomc Expression. PLoS One. 2015; 10: e0141960. 2015年12月

キーワード

Nuclear receptor、Hypertension、Aldosterone、Diabetic nephropathy、Atherosclerosis、Cushing's disease、Retinoid、Heparan sulfate、Adipocyte、Epigenome、High-throughput screening、Cre-loxP system、CRISPR-Cas9 system

分野問い合わせ

  • akiras2i*med.tohoku.ac.jp(「*」を「@」に変換してください)
  • TEL 022-717-8079, 8081, 7483
  • FAX 022-717-8083