トップ > 組織 > 医科学専攻 > 病理診断学分野

病理診断学分野

教員構成

  • 教授
    笹野 公伸
  • 准教授
    笠島 敦子
  • 助教
    柴原 裕紀子
  • 助教
    Mcnamara Keely May
  • 助教
    Yazdanikivi Samaneh
  • 笹野 公伸
    SASANO, Hironobu
  • 柴原 裕紀子
    SHIBAHARA, Yukiko

分野の紹介

病理診断学分野は正規の定員が教授1、助教1の小さな研究室ではあるが、国内外からの大学院生、ポスドク、技術/事務補佐員を含む30名前後がステロイドホルモンの代謝、作用を中心とした研究領域に日夜励み、多くの成果を出している。中でもエストロゲンを中心とする性ステロイドホルモンが標的組織で合成され作用するというまったく新しい機序を提唱し、従来の内分泌学 ”Endocrinology”に対して”Intracrinology”という新しい概念を樹立させた事は、基礎研究面ばかりでなく、閉経期以降の乳癌の内分泌療法の基盤を作るなど実際の治療面への貢献も極めて高いものがある。当分野は現在悪性腫瘍、代謝疾患等の実際のヒト疾患のIntracrinologyの解析等を通してステロイドホルモンのTranslational researchの領域で世界の最先端を走っており、国内外の数多くの臨床/基礎の研究室と共同研究を行っている。

論文・書籍・受賞などの実績

①Aromatase inhibitor treatment of breast cancer cells increases the expression of let-7f, a microRNA targeting CYP19A1. Shibahara Y, Miki Y, Onodera Y, Hata S, Chan MS, Yiu CC, Loo TY, Nakamura Y, Akahira JI, Ishida T, Abe K, Hirakawa H, Chow LW, Suzuki T, Ouchi N, Sasano H. Journal of Pathology.2012 Mar 9.
概要: 閉経後乳癌に対する第一選択薬であるアロマターゼ阻害剤が腫瘍抑制microRNAであるlet-7fを回復させることを初めて示した報告。

②Intratumoral Estrogens and Estrogen Receptors in Human Non-Small Cell Lung Carcinoma.Niikawa H, Suzuki T, Miki Y, Suzuki S, Nagasaki S, Akahira J, Honma S, Evans DB, Hayashi SI, Kondo T, Sasano H. Clinical Cancer Research. 14:4417-4426, 2008
概要: 最近問題になっている女性に多く発生する肺腺癌で局所でのエストロゲン合成がその病因、伸展に関係する事を初めて示した研究報告。

③Aromatase localization in human breast cancer tissues: possible interactions between intratumoral stromal and parenchymal cells. Miki Y, Suzuki T, Tazawa C, Yamaguchi Y, Kitada K, Honma S, Moriya T, Hirakawa H, Evans DB, Hayashi S, Ohuchi N, Sasano H. Cancer Research. 67:3945-3954, 2007
概要: 閉経期以降の乳癌で実際腫瘍組織のどこで血液中の男性ホルモンから女性ホルモンが合成されていて、どのような機序でホルモン産生が亢進するのかを初めて示した研究報告

④18-oxocortisol measurement in adrenal vein sampling as a biomarker for subclassifying primary aldosteronism.
Nakamura Y, Satoh F, Morimoto R, Kudo M, Takase K, Gomez-Sanchez CE, Honma S, Okuyama M, Yamashita K, Rainey WE, Sasano H, Ito S. J Clin Endocrinol Metab. 2011 Aug;96(8):E1272-1278.
概要: 副腎静脈血中の18-oxocortisol測定が、原発性アルドステロン症の病型分類および病変の局在診断に非常に有用であることを報告した初めての研究報告。

⑤Intratumoral aromatase in human breast, endometrial, and ovarian malignancies. Sasano H. Harada N. Endocrine Review 19:593-607, 1998
概要: 乳癌、子宮内膜癌、卵巣癌局所において血液中のアンドロゲンからエストロゲンが合成されるIntracrinologyの概念を初めて広く確立させた総説。

キーワード

Cancer、Steroid hormone、Aromatase、Intracrinology、Adrenal gland

分野問い合わせ

  • yukko-shiba*patholo2.med.tohoku.ac.jp(「*」を「@」に変換してください)
  • TEL 022-717-8050
  • FAX 022-717-8051