トップ > 組織 > 医科学専攻 > 消化器病態学分野

消化器病態学分野

教員構成

  • 教授 下瀬川 徹
  • 准教授 正宗 淳
  • 助教 濱田 晋
  • 下瀬川 徹
    SHIMOSEGAWA, Toru

分野の紹介

消化器病の病因・病態の解明と、最先端医療に結びつく診断・治療法の開発を目標として、分子生物学的基礎研究から、臨床研究まで幅広く行っている。
上部消化管に関する研究では、H.pylori感染と胃酸分泌を中心に、胃食道逆流症の臨床的病態解析、NOによる粘膜傷害や免疫応答による粘膜分化制御を解析している。下部消化管に関しては、炎症性腸疾患の感受性遺伝子の同定と、それを糸口にした病因解明と治療法開発、炎症性腸疾患の長期予後の解析、RCTを用いた日本オリジナル治療の評価を行っている。また、肝臓では肝炎ウイルスの遺伝子解析と免疫応答、胆管細胞を用いた分子生物学的な胆汁うっ滞の病態解析、肝細胞癌に対する先端的診断・治療の開発を行っている。さらに膵臓に関しては、慢性膵炎や膵癌の膵線維化形成をつかさどる膵星細胞の活性化機序やシグナル伝達機構、慢性膵炎原因遺伝子の検索、膵癌転移機構への上皮-間葉形質転換の関与を解析している。

論文・書籍・受賞などの実績

①Extracellular branched-chain amino acids, especially valine, regulate maturation and function of monocyte-derived dendritic cells.  J Immunol.179, 7137-46  2007

②Disruption of gastric barrier function by luminal nitrosative stress: a potential chemical insult to the human gastro-oesophageal junction. Gut. 57, 306-13  2008

③Hypoxia stimulates pancreatic stellate cells to induce fibrosis and angiogenesis in pancreatic cancer.  Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2008

④Effectiveness of “half elemental diet” as maintenance therapy for Crohn’s disease: a randomised controlled trial.  Aliment Pharmacol Ther. 24, 1333-40  2006

⑤The Pathophysiology of Biliary Epithelia  Landes Bioscience, ISBN 1-58706-171-6  2004

キーワード

Helicobacter pylori、胃酸分泌、炎症性腸疾患、感受性遺伝子、ウイルス性肝疾患、胆汁うっ滞症、膵星細胞、上皮間葉形質転換

分野問い合わせ

  • manager*gastroente.med.tohoku.ac.jp(「*」を「@」に変換してください)
  • TEL 022-717-7171
  • FAX 022-717-7177