トップ > 組織 > 医科学専攻 > 麻酔科学・周術期医学分野

麻酔科学・周術期医学分野

教員構成

  • 教授 山内 正憲
  • 助教 吾妻 俊弘
  • 助教 遠藤 康弘
  • 山内 正憲
    YAMAUCHI, Masanori
  • 吾妻 俊弘
    WAGATSUMA, Toshihiro

分野の紹介

麻酔科学は「鎮痛」,「鎮静」,「筋弛緩」といういわゆる麻酔の3要素を基本として,手術侵襲や痛みなどのストレスに対し,全身状態を安定させて早期回復を図ることを目的とした学問です.神経・呼吸・循環・免疫・代謝・内分泌など臓器・組織の機能を理解して,術前・術中・術後と一貫した高いレベルの全身管理を行うことを目標としています.そのためリハビリテーション、心理学、人工臓器・臓器移植、遺伝学などの先端医療とも深く関わっています。臨床はもちろん、基礎医学、看護・保健学、医療工学を含めたあらゆる分野と横断的に臨床や研究が行われています。私たちは「麻酔科」という組織で周術期の全身管理を行うことで、質の高い周術期管理を実践しています。このことにより麻酔科医は、集中・救急医療、疼痛治療(ペインクリニック、緩和医療、無痛分娩、リハビリテーション)、周術期医学,基礎研究など様々な場面で活躍しています。

論文・書籍・受賞などの実績

①Yamauchi M. Ultrasound-guided neuraxial block. Trends in Anaesthesia and Critical Care 2012; 2: 234-43.

②Kurosawa S. Anesthesia in patients with cancer disorders. Curr Opin Anaesthesiol. 2012; 25: 376-84.

③Endo Y, Serizawa F, Kato T, Toyama H, Ejima Y, Sato A, Kurosawa S, Hasegawa Y, Hida W, Matsubara M. Clinical characteristics of young-onset and medical treatment-requiring hypertension identified by targeted screening in university health check-up. Clin Exp Hypertens. 2011; 33: 552-7.

④Toyama H, Endo Y, Ejima Y, Matsubara M, Kurosawa S.Comparison of actual tidal volume in neonatal lung model volume control ventilation using three ventilators. Anaesth Intensive Care. 2011; 39: 599-606.

⑤Takahashi T, Suzuki S, Kubo H, Yamaya M, Kurosawa S, Kato M. Impaired endothelial progenitor cell mobilization and colony-forming capacity in chronic obstructive pulmonary disease. Respirology. 2011; 16: 680-7.

キーワード

全身麻酔、区域麻酔、神経ブロック、ICU、緩和ケア、救急、痛み、鎮静、全身管理

分野問い合わせ

  • TEL 022-717-7321
  • FAX 022-717-7325