2012年度 公開文書一覧

「疫学研究に関する倫理指針」第3.1(2)、「臨床研究に関する倫理指針」第4.1(2)、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」第5.14に基づく情報公開について

上記の各指針に基づき、以下の通り情報を公開します。
これらは研究対象者等からインフォームド・コンセントを受けない場合に、研究に用いられる情報の利用目的を含む当該研究についての情報を研究対象者等に公開し、研究が実施されることについて研究対象者等が拒否できる機会を保障するものです。

なお、使用する試料・情報を連結不可能匿名化して研究を実施する場合、匿名化後には個人を特定することができなくなる為、拒否の申し出には対応できませんのでご了承ください。
(連結不可能匿名化…特定の個人を識別することができないように、当該個人と新たに付された符号又は番号との対応表を残さない方法による匿名化をいう)

臨床研究に関する情報公開に戻る

pagetop