• TOP
  • 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する研究科・学部等の対応について

新型コロナウイルスに
関連した感染症対策に
関する研究科・学部等の対応について

新型コロナウイルス対策基本方針により、令和2年度の行事及び手続等に変更が生じる場合があります。情報は、随時こちらのページ上で公開・更新しますので、最新の情報をご確認ください。

新型コロナウイルス感染の疑いのある症状が出た場合の連絡
濃厚接触疑い時のフロー
教務情報 ( 学部生 / 大学院生 / 留学生 )

新型コロナウイルス感染症につきましては、以下を参照ください。

・東北大学「東北大学新型コロナウイルス対策BCPサイト
・感染制御 / 検査診断学分野発行「市民向けマニュアル
・賀来名誉教授「市民・県民の皆様方へのお願い」

学生・教職員等共通

東北大学の行動指針 ( BCP ) レベル1 (2022.5.23 )

5月23日(月)から行動指針レベル1へ移行します。

新型コロナウイルス感染症の影響の下で2年半が経過し、政府において社会経済活動との両立に向けた今後の感染対策について検討が進められております。本学においても、感染対策と本学の研究教育をはじめとする諸活動との両立をさらに進展させ、新しい日常のもとにそれぞれの活動を更に充実発展していきたく、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

しかしながら、依然として新型コロナウイルス感染症の流行は続いており、予断を許さない状況です。行動指針のレベル移行後も、正しいマスクの着用、徹底した換気、密の回避、手洗いなどの基本的な感染対策と毎日の健康観察を実施し、感染から自らの身を守ることとあわせて、他人に感染させない自覚と責任ある行動をお願いします。

なお、諸活動の活発化に伴って、会食を伴う懇談等の機会が増えることも予想されますので、基本的な感染対策の今一度の徹底とともに会食上の注意事項について留意の上、ご対応くださいますよう、併せてよろしくお願いします。

引き続き、基本的な感染予防対策の徹底をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関する学内情報ページ

新型コロナウイルス感染症対策の徹底等について ( 注意喚起 )

教職員 / 学生各位

東北大学HP「東北大学新型コロナウイルスBCP対応ガイド」を参照のうえ、引き続き「こまめに手洗い」「マスクの着用」「3つの密を避ける」「体調管理」などの基本的な感染防止対策を徹底し、ひとりひとりが責任ある行動を取るようにお願いします。
なお、新型コロナウイルス感染症の疑いのある症状が出た場合は、本研究科HP「新型コロナウイルス感染症報告フォーム」により、必ず報告するようにお願いします。

2021年3月17日
医学系研究科長・医学部長 八重樫伸生

関連資料

新型コロナウイルス感染症に関する本研究科の対応について-医学系研究科長メッセージ

学生・保護者のみなさまへ

新型コロナウイルス感染症が全国的に拡大し、宮城県においても医療危機的状況宣言が出されるなど、緊迫した状況となっております。学生や保護者の皆様は大変ご心配をされているかと存じますが、本研究科では現在、学生、教職員の安全を最優先に、オンライン授業の実施など、必要な対策を講じているところです。

状況は、日々目まぐるしく変化しておりますので、最新の情報は本研究科ウェブサイトに掲載しております。ご確認の上、ご対応いただきますようお願いいたします。

また報道されているとおり、感染拡大防止のためには皆さんお一人お一人の行動が大変重要です。医学生として、地域の医療、市民の健康を守るという意識を持った行動を強くお願いいたします。

引き続き、学生並びに教職員の健康と安全確保に全力で努めてまいります。ご理解とご支援を何卒お願い申し上げます。

医学系研究科長・医学部長 八重樫伸生

新型コロナウイルス感染の疑いのある症状が出た場合の連絡について

【仙台 ( 日本 ) に在住する場合】
感染が疑われる症状がある場合には、速やかにコールセンター ( 022-398-9211 ) に連絡し、指示に従うとともに、土日、祝日に関わらず以下フォーム及びメールにて報告して下さい。医療機関を受診する際は、事前に電話連絡の上できるだけマスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて下さい。

<症状>
〇呼吸困難、倦怠感、高熱等の強い症状がある
〇風邪の症状、例えば、咽頭痛、発熱、咳、味覚・嗅覚障害などがある。
・重症化しやすい方 (※1)、妊婦の方 → 早めに
・上記以外の方 (※2) → 4日以上続く場合は必ず
※1 高齢者、糖尿病、COPD、心不全等基礎疾患がある方や透析を受けている方、喫煙者、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
※2 強い症状と思う場合や、解熱剤を飲み続けなければならない時はすぐに

詳細については、「東北大学新型コロナウイルスBCP対応ガイド 体調が悪いと感じたら」をご確認ください。

<報告が必要な場合>
1. 宮城県・仙台市のコールセンターに連絡し、指示を受けた者
2. コールセンターの指示を受けて医療機関を受診した者
3. 医療機関からPCR検査または抗原検査の受検を指示された者(コールセンターを介していない)
4. 濃厚接触者とされた者・濃厚接触者ではないが、罹患者と接触があった者
5. 同居人が罹患した者
6. PCR検査または抗原検査の結果が判明した者
7. 新型コロナウイルス感染症に感染し治癒したもの
8. 大学病院で臨床実習・臨地実習中の医学部生で、大学病院でのPCR検査を希望した者

<東北大学 健康観察票>
【PDF File】
毎日2回(朝・夜)の体温測定と症状の有無を記載してください。

【外国から帰国、再入国する場合】
私事渡航を含め不要不急の海外渡航は中止を要請しておりますが、留学又は長期研究プロジェクト等で海外滞在中の日本人学生・教職員の帰国のほか、在留資格を有する外国人学生・教職員の再入国が開始されております。帰国・入国する際の空港検疫によるPCR検査若しくは抗原検査等の結果についても、報告いただくようお願いします。

【連絡先】
<新型コロナウイルス感染症報告フォーム>
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdJfyCTDx0VyBDJ2BwxbDgFnubKN-vP8ZmkPdNd33CpQWs10A/viewform

「接触者リスト」報告ファイル

「行動履歴」報告ファイル

※報告内容は、医学部・医学系研究科新型コロナウイルス感染症対策本部にて共有
※宮城県・仙台市のコールセンターへの連絡と同時に、各係にも連絡すること

<医学部・医学系研究科の連絡先>

〇学生の場合 : 各教務係 / 国際交流支援室ヘ報告

医学科生 : med-kyo2@grp.tohoku.ac.jp
保健学科生 : cms-kyom@grp.tohoku.ac.jp
大学院生 : m-daigakuin@grp.tohoku.ac.jp
外国人留学生 : int-exchange@med.tohoku.ac.jp

濃厚接触疑い時のフロー

体調不良や濃厚接触者疑いになった場合は、無理に出勤/登校せず、自宅待機してください。また、「健康観察チェックシート」の作成を開始してください。
>> 濃厚接触疑い時のフロー(PDF)
>> 健康観察チェックシート(Excel)

 

教務情報

これから来日する留学生の皆さんへ

渡日前に準備するべきことや入国後の流れについてまとめた資料を下記のフォルダに入れています。随時更新していますので必要な時にその都度確認するようにして下さい。

https://www.dropbox.com/sh/8r86hac8mhabduk/AABDIos2kJ6T5kB7p-pf0I7Ka?dl=0

国費留学生の方はこちらも参照してください。
https://www.insc.tohoku.ac.jp/english/support/arrival-information-for-mext-students/

各お問い合わせ先

東北大学医学部教務課 医学科教務係 ( 医学科に関すること )

E-mail : med-kyo2*grp.tohoku.ac.jp ( 送信時に*を@に変えて下さい )

東北大学医学部教務課 保健学科教務係 ( 保健学科に関すること )

E-mail : cms-kyom*grp.tohoku.ac.jp ( 送信時に*を@に変えて下さい )

東北大学大学院医学系研究科 大学院教務係 ( 大学院に関すること )

E-mail : m-daigakuin*grp.tohoku.ac.jp ( 送信時に*を@に変えて下さい )

国際交流支援室 ( 外国人留学生に関すること )

E-mail:int-exchange*med.tohoku.ac.jp ( 送信時に*を@に変えて下さい )

医学教育推進センター

E-mail:meduc-jimu*grp.tohoku.ac.jp ( 送信時に*を@に変えて下さい )

ページトップへ戻る