神経放射線画像診断(国立精神・神経医療センター)

Diagnostic neuroradiology(National Center of Neurology and Psychiatry)

臨床医学, 放射線医学・バイオイメージング

精神神経疾患の最先端の画像研究―小児から高齢者まで―

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

佐藤 典子

佐藤 典子教授

SATO, Noriko Professor, M.D., Ph.D

TEL:042-341-2711

E-Mail:snoriko*ncnp.go.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:https://www.ncnp.go.jp/hospital/guide/sd/housha.html

この分野の研究テーマ

  • 神経変性疾患
  • 神経代謝疾患
  • てんかん

研究キーワード

パーキンソニズム, ミトコンドリア病, 鉄代謝異常, タウオパチー, 慢性疲労症候群

技術キーワード

MRI, PADRE, QSM, DTI, PET

分野の紹介

神経疾患の画像を用いた臨床研究を行っています。国立精神・神経医療研究センター病院では、“精神・神経・筋疾患の高度先進医療”を謳っており、小児から高齢者までの幅広い年齢の精神神経筋疾患の診療を行っております。その特性からてんかん、パーキンソン症候群や脊髄小脳変性症、ミトコンドリア病や鉄代謝異常などの代謝疾患、多発性硬化症や視神経脊髄炎、様々な認知症疾患、筋ジストロフィー、末梢神経疾患、うつや統合失調症などの疾患を対象として画像研究を行っています。最新のMRI、SPECT、PET撮像機器やサイクロトロンを有し、互いのモダリティーを癒合した研究を盛んに行っています。

主な論文

  • Sumida K, Sato N, Ota M, Sakai K, Sone D, Yokoyama K, Kimura Y, Maikusa N, Imabayashi E, Matsuda H, Kunimatsu A, Ohtomo K. Intraventricular temperature measured by diffusion-weighted imaging compared with brain parenchymal temperature measured by MRS in vivo. NMR Biomed.  2016.07;29(7):890-895.
  • Sone D, Matsuda H, Ota M, Maikusa N, Kimura Y, Sumida K, Yokoyama K, Imabayashi E, Watanabe M, Watanabe Y, Okazaki M, Sato N. Graph Theoretical Analysis of Structural Neuroimaging in Temporal Lobe Epilepsy with and without Psychosis. PLoS One. 2016.06.06;11(7):doi: 10.1371
  • Sone D, Sato N, Maikusa N, Ota M, Sumida K, Yokoyama K, Kimura Y, Imabayashi E, Watanabe Y, Watanabe M, Okazaki M, Onuma T, Matsuda H. Automated subfield volumetric analysis of hippocampus in temporal lobe epilepsy using high-resolution T2-weighed MR imaging. Neuroimage Clin. 2016.06.13;12:57-64.
  • Sugiyama A, Sato N, Kimura Y, Maekawa T, Enokizono M, Saito Y, Takahashi Y, Matsuda H, Kuwabara S. MR Imaging Features of the Cerebellum in Adult-Onset Neuronal Intranuclear Inclusion Disease: 8 Cases. AJNR Am J Neuroradiol. 2017 Nov;38(11):2100-2104.
  • Ishiyama A, Sakai C, Matsushima Y, Noguchi S, Mitsuhashi S, Endo Y, Hayashi Y, Saito Y, Nakagawa E, Komaki H, Sugai K, Sasaki M, Sato N, Nonaka I, Goto Y, Nishino I. IBA57 mutations abrogate iron-sulfur cluster assembly leading to cavitating leukoencephalopathy. Neurology 2017;3(5):e184.

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

pagetop