神経病理学(国立精神・神経医療センター)

Neuropathology(National Center of Neurology and Psychiatry)

臨床医学, 神経科学, 腫瘍学

てんかん手術検体の病理診断とその臨床・画像連関、および遺伝・分子・生化学解析

医科学専攻

  • 博士課程

教員構成

齊藤 祐子

齊藤 祐子教授

SAITO, Yuko Professor, M.D., Ph.D

TEL:042-341-2711

E-Mail:yukosm*ncnp.go.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:https://www.ncnp.go.jp/hospital/guide/sd/rinsho.html

この分野の研究テーマ

  • てんかん手術標本の病理診断

研究キーワード

限局性皮質形成異常, 海馬硬化, てんかん原性腫瘍

技術キーワード

免疫染色

分野の紹介

本邦で最もてんかん手術材料の診断を行ってきた施設のひとつです。臨床症状・画像との対応を一例一例検討する術後CPCも毎月行っています。現在は病理と画像連関の研究を主に行っていますが、バイオバンクに登録された症例のてんかん腫瘍の遺伝子研究も開始されました。

Figure 1.検体の細切(A)とFCDの光顕像(B, C)
Figure 1.検体の細切(A)とFCDの光顕像(B, C)
Figure 2.海馬硬化症のルーペ像
Figure 2.海馬硬化症のルーペ像

主な論文

  • Kitamura Y et al Comprehensive genetic characterization of rosette-forming glioneuronal tumors: independent component analysis by tissue microdissection. Brain Pathol. 28 (1): 87-93, 2018
  • Sumitomo N et al Intractable epilepsy due to a rosette-forming glioneuronal tumor with a dysembryoplastic neuroepithelial background. Neuropathology. 38 (3): 300-4, 2018
  • Kimura Y et al Temporal lobe epilepsy with unilateral amygdala enlargement: morphometric MR analysis with clinical and pathological study. J Neuroimaging. 25 (2): 175-83, 2015

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

pagetop