精神栄養学(国立精神・神経医療センター)

Nutrition in Psychiatry(National Center of Neurology and Psychiatry)

臨床医学, 公衆衛生学, 神経科学

精神疾患や脳機能と関連する栄養学的要因に注目した検討を行います。

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

功刀 浩功刀 浩

功刀 浩教授

KUNUGI, Hiroshi Professor, M.D., Ph.D

TEL:042-346-1714

E-Mail:hkunugi*ncnp.go.jp
(「*」を「@」に変換してください)

この分野の研究テーマ

  • 精神疾患の栄養学的研究
  • 精神神経疾患のバイオマーカー研究

研究キーワード

うつ病, 統合失調症, 栄養, 脳脊髄液, バイオマーカー

技術キーワード

精神科診断, 精神症状測定, 栄養学的評価, 多層オミックス, 生物統計学

分野の紹介

当研究室では、うつ病・双極性障害、統合失調症などの機能性精神疾患の栄養学的検討を行っています。肥満との関連、栄養不足との関連、サプリメントの治療効果などについて明らかにしています。また、患者さんの脳脊髄液を採取し、オミックス研究を行うことにより精神疾患の脳内分子病態を解明しバイオマーカーを探索しています。

Figure 1.大うつ病性障害患者の腸内細菌は健常者と比較してビフィズス菌が少ないことを初めて報告
Figure 1.大うつ病性障害患者の腸内細菌は健常者と比較してビフィズス菌が少ないことを初めて報告

主な論文

  • Sasayama D, Hattori K, Ogawa S, Yokota Y, Matsumura R, Teraishi T, Hori H, OtaM, Yoshida S, Kunugi H. Genome-wide quantitative trait loci mapping of the human cerebrospinal fluid proteome. Hum Mol Genet. 26(1):44-51, 2017.
  • Aizawa E, Tsuji H, Asahara T, Takahashi T, Teraishi T, Yoshida S, Ota M, Koga N, Hattori K, Kunugi H. Possible association of Bifidobacterium and Lactobacillus in the gut microbiota of patients with major depressive disorder. J Affect Disord. 202:254-7, 2016.
  • Ota M, Matsuo J, Ishida I, Hattori K, Teraishi T, Tonouchi H, Ashida K, Takahashi T, Kunugi H. Effect of a ketogenic meal on cognitive function in elderly adults: potential for cognitive enhancement. Psychopharmacology (Berl). 233(21-22):3797-3802, 2016.
  • Hattori K, Ota M, Sasayama D, Yoshida S, Matsumura R, Miyakawa T, Yokota Y,Yamaguchi S, Noda T, Teraishi T, Hori H, Higuchi T, Kohsaka S, Goto Y, Kunugi H. Increased cerebrospinal fluid fibrinogen in major depressive disorder. Sci Rep. 5:11412, 2015.
  • Ogawa S, Fujii T, Koga N, Hori H, Teraishi T, Hattori K, Noda T, Higuchi T, Motohashi N, Kunugi H. Plasma L-tryptophan concentration in major depressive disorder: new data and meta-analysis. J Clin Psychiatry. 75(9):e906-15, 2014.

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

pagetop