産婦人科人工知能活用研究(みやぎ県南中核病院)

Artificial Intelligence (AI) in Obstetrics and Gynecology Medical Care

臨床医学, 看護学

産婦人科医療における人工知能(AI)の活用研究

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

木村 芳孝

木村 芳孝教授

KIMURA, Yoshitaka Professor, M.D., Ph.D

TEL:022-717-7575

E-Mail:ykimura*med.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

この分野の研究テーマ

  • 胎児心拍変動のAIによる診断技術開発
  • AIを利用した母児の絆解析
  • 婦人科ホルモン療法のAIサポートシステム開発

研究キーワード

産婦人科医療AIの可能性

技術キーワード

深層学習, 医療用AI, パワーエッジコンピューティング

分野の紹介

人工知能AIの登場により色々な分野での技術革新が進んでおり機械化が難しかった産婦人科分野への応用が期待される。本研究分野では胎児心拍変動のAIによる自動診断システムの構築、リズム相関解析による母児の絆の解明、分娩時期の特定、婦人科領域ではウオッチ型体温計、心拍計を用いた連続体温測定による自律神経評価とホルモンバランスの推定をおこない、AIを用いてホルモン剤の適正使用による月経困難症や子宮筋腫、子宮内膜症などの女性の悩みを、AIを用いて解消する

Figure 1 研究の目的
Figure 1 研究の目的
Figure 2 正常症、脳性麻痺症例
Figure 2 正常症、脳性麻痺症例

主な論文

  • Khandoker AH, Kimura Y. et al. Alterations in Maternal-Fetal Heart Rate Coupling Strength and Directions in Abnormal Fetuses. Front Physiol. 10:482, 2019
  • Iida K, Obata N, Kimura Y. Quantifying heterogeneity of stochastic gene expression. J Theor Biol. 465:56-62, 2019
  • Khandoker AH, Kimura Y. et al. Validation of beat by beat fetal heart signals acquired from four-channel fetal phonocardiogram with fetal electrocardiogram in healthy late pregnancy. Sci Rep. 8(1):13635, 2018
  • Minato T, Kimura Y. et al. Relationship Between Short Term Variability (STV) and Onset of Cerebral Hemorrhage at Ischemia-Reperfusion Load in Fetal Growth Restricted (FGR) Mice. Front Physiol. 9:478, 2018.
  • Velayo CL, Kimura Y. et al. Evaluation of Abdominal Fetal Electrocardiography in Early Intrauterine Growth Restriction. Front Physiol. 8:437, 2017.

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

臨床の現場で働きながら医学博士が取れるメリットがあります。また、臨床の場でも世界的な研究が可能なのが人工知能の医療への活用研究です。今後、人工知能は、診断サポートや治療の方針の決定になくてはならないものになっていくものと考えられます。しかし、いろいろな疾患に対する適した人工知能の使い方や本当に信頼できる診断をどの様にしたら人工知能で提供できるか現場に直結する課題も山積しています。臨床医を志す皆さん、地域医療を目指す皆さんに、本分野では学生の希望に合わせ臨床応用研究を基礎から丁寧に指導して行きます。

pagetop