2011年6月1日

ヒト線維芽細胞由来iPS細胞は、Muse細胞からのみ形成される‐米国科学アカデミー紀要掲載‐

東北大学は、京都大学と共同で、ヒト線維芽細胞を用いたiPS細胞を誘導した場合には、Muse細胞からのみiPS細胞が誘導されることを示しました。Muse細胞は同グループが昨年発見・発表した、生体の間葉系に内在する幹細胞であり、ES細胞やiPS細胞等の多能性幹細胞と異なり、事実上腫瘍形成問題を考えなくて良いという点で、臨床応用が期待されている細胞です。本研究成果により、iPS細胞の効率的な誘導法の開発や、iPS細胞の腫瘍形成問題を解決する糸口が得られる可能性も考えられます。

連絡先
研究に関すること
東北大学大学院医学系研究科細胞組織学分野
出澤真理
電話番号:022-717-8025
e-mail: mdezawa*med.tohoku.ac.jp(「*」を「@」に変換してください)
web site: http://www.stemcells.med.tohoku.ac.jp/index.html

報道、取材等に関して
東北大学総務部広報課課長
佐藤吉和  
電話番号:022-217-4815

pagetop