2012年3月7日

抗老化・長寿マウスの作製に成功 -アンチエイジング療法に応用性-

 東北大学大学院医学系研究科代謝疾患学分野・片桐秀樹教授、糖尿病代謝科・長谷川豊助教らのグループは、血管内皮細胞での炎症反応を抑制することにより、マウスの老化を遅らせ寿命を伸ばすことに成功しました。
 本研究成果は、米国専門誌Circulation 誌(IF 14.4)(米国時間3月6日号)に掲載されます。

pagetop