2012年4月11日

東北大研究シーズから創薬へ - 東北大学発ベンチャー クリノとGEヘルスケア、「タウ」タンパク画像診断薬の共同研究契約を締結

 東北大学未来医工学治療開発センター(以降TRセンター)の工藤幸司教授らの研究チームは、長年、アルツハイマー病患者などの脳内に蓄積する「タウ」タンパク質に関する研究を続けてきました。工藤教授ら4チームの研究成果をもとに設立された、東北大学発ベンチャー企業のクリノ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:佐竹典明)と、米ゼネラル・エレクトリック(GE)のヘルスケア事業部門であるGEヘルスケア(本社:英チャルフォント セントジャイルズ、プレジデント兼CEO:ジョン・ディニーン)のメディカル・ダイアグノスティクス(体内診断薬)事業部門は、アルツハイマー病患者などの脳内に蓄積する「タウ」タンパク質を描出する診断薬の開発に向けた共同研究契約を締結し、この度、GE ヘルスケアから発表されました。
 今後、共同で、タウに結合するPET(陽電子断層撮影装置)検査用の放射性薬剤の研究開発が進められます。同薬剤の脳内集積をPET 検査で画像化することで、タウ蓄積にもとづくアルツハイマー病の確定診断実現につなげることを目指しています。

詳細は、本日付で発出されたGEヘルスケア社によるリリースをご覧ください。

pagetop