2012年4月27日

巨大津波は、大震災被災のみの場合以上に糖尿病、高血圧を悪化させる

 大震災により糖尿病や高血圧のコントロールが悪化することは知られてきました。これは生活環境が大きく変化するためです。今回、東北大学大学院医学系研究科の小川晋准教授を中心とするグループの研究により、巨大津波により患者のみならず医療施設も被害を受けることで、さらにこれらのコントロールが悪化することが明らかになりました。これはその患者の医療情報が消失するためです。大震災後、特に巨大津波被災後の病状悪化を防止するため、医療機関の被災の回避、医療情報消失防止が重要であることが示されました。
 本研究成果は、英国医学雑誌British Medical Journal Openの電子版に公開されました。

pagetop