2012年12月11日

医師主導多施設共同レジストリ研究の開始について

2012年11月、全国初の試みとして、東北大学病院循環器内科の下川宏明教授が研究代表者となり、東北大学病院とバイエル薬品が締結した共同研究契約により得られた研究資金を基に、医師主導の全国多施設共同研究を行う「非弁膜症性心房細動患者の脳卒中および 全身性塞栓症に対するリバーロキサバンの有効性と安全性に関する登録観察研究」を開始しました。
詳細は、東北大学病院臨床試験推進センター ウェブサイトをご参照ください。

pagetop