2013年9月19日

大学院生の菅野武さんが、第2回「明日の象徴」を受賞しました

医学系研究科博士課程(消化器病態学分野)に在籍する菅野武医師が、第2回「明日の象徴」(国内医師部門)を受賞しました。
明日の象徴(公益社団法人全日本病院協会、一般社団法人日本病院会共催)とは、主に医療、保健、ライフサイエンスなどの分野で活躍する35歳以下の方々を対象に選考されます。
菅野医師は、南三陸町での震災時救命活動や医療統轄本部での診療体制復興における調整業務の取り組みなどを評価され、2011年度TIME誌「世界で最も影響力のある100人」に選出されました。選出後も、被災地域の現状や取り組みなどを全国の多くの方々に伝え続けております。
10月2日に東京で授賞式が開催される予定です。

pagetop