2013年11月11日

医学部学生が日本学生支援機構平成25年度優秀学生顕彰を受賞しました

11月8日に、平成25年度 優秀学生顕彰(JASSO's Student of the Year 2013)受賞者が発表され、以下の3名の医学部学生が受賞しました。表彰式は、12月7日に予定されています。

【大賞・学術分野】
早坂 一希 さん(医学部医学科 6年)
〔予防医学〕残存歯数が少ない高齢者における口腔ケアと死亡リスクとの関連についての前向きコホート研究。国際学術誌掲載。国内学会発表。

【奨励賞・学術分野】
藤原 翔 さん(医学部医学科 6年)
〔医学〕先進国では稀と考えられてきたE型肝炎ウイルスによる肝炎が、臓器移植後や白血病などの免疫抑制・低下状態で見られることを、微生物学から診断、治療など幅広くまとめ、国際学術誌に筆頭著者として発表。

【奨励賞・社会貢献分野】
石田 啓之 さん(医学部医学科 5年)
〔東日本震災復興支援〕 東日本大震災直後に全国募金活動を目的に設立された復興支援団体の中心メンバー。その後、被災地の子どもの心のケアを目的に、フットサル大会やスポーツイベントを定期的に開催するなどして支援活動を継続。

日本学生支援機構では、経済的理由により修学に困難がありつつも、学術、文化・芸術、スポーツ、社会貢献の各分野で優れた業績を挙げた学生・生徒に対して、これを奨励・支援し、21世紀を担う前途有望な人材の育成に資することを目的として、多くの方々から寄せられた寄附金を基に優秀学生顕彰を行っています。
優秀学生顕彰は、応募者の実績及び将来性などの観点から、選考委員会の厳選な審査のうえ決定されます。

pagetop