2013年12月3日

「2月10日、フットケアの日」についてお知らせ

2012年、日本下肢救済・足病学会日本フットケア学会及び日本メドトロニック株式会社は、糖尿病や末梢動脈疾患(PAD)/閉塞性動脈硬化症(ASO)による足病変の予防、早期発見・早期治療の啓発を目的として、2月10日を「フットケアの日」と制定しました。

形成外科学分野では、東北大学病院フットセンターを通じて、糖尿病性足病変、足壊疽の治療を行っています。
「フットケアの日」制定を機に、一般の方へ足病変への正しい認知・理解をより一層促すために、足病変の早期発見・早期治療、日頃のフットケアの重要性を啓発していきます。

pagetop