2014年4月4日

染色体転座・逆位による白血病の発症機構を解明

東北大学大学院医学系研究科の 鈴木未来子 講師(ラジオアイソトープセンター)、山㟢博未 博士(医化学分野)、清水律子 教授(分子血液学分野)、山本雅之 教授(医化学分野・東北メディカル・メガバンク機構 機構長)らは、3番染色体長腕の転座および逆位を伴う急性骨髄性白血病において、予後不良の原因であるEVI1遺伝子の発現を活性化する機構を解明しました。

3番染色体長腕21(3q21)領域と3番染色体長腕26(3q26)領域との間の転座および逆位は、急性骨髄性白血病の予後不良因子として知られています。この転座および逆位をもつ白血病細胞では、3q26領域に存在するEVI1遺伝子が異所性に高発現しており、これが白血病発症の原因となっています。このEVI1遺伝子の異所性高発現には、相手側である3q21領域に存在するなんらかのエンハンサーが関与していると考えられていましたが、これまでにそのエンハンサーは同定されておらず、また、EVI1遺伝子の発現を制御する機構もわかっていませんでした。本研究では、2つの大腸菌人工染色体(BAC)を連結する手法を用いて、ヒト3q21と3q26との間の染色体逆位を再現しました。また、その遺伝子を持つトランスジェニックマウス系統を新規に樹立し、同マウスが白血病を発症することを実証しました。さらに、3q21側に存在するGATA2遺伝子のエンハンサーがEVI1遺伝子の活性化および白血病発症に寄与していることを解明しました。

この研究成果は、EVI1遺伝子だけでなく、その異所性異常発現を引き起こすGATA2遺伝子エンハンサーも治療標的となりうることを示しており、予後不良の白血病における新たな治療戦略の確立に繋がると期待されます。本研究成果は、2014年4月3日(日本時間4日午前1:00)に米国の学術誌「Cancer Cell」のオンライン版で公開されました。また、4月14日発行の同誌の表紙となります。

pagetop