2014年11月17日

日本学生支援機構平成26年度優秀学生顕彰事業において医学科学生が受賞

医学部医学科6年の熊谷裕美さんと3年の橋田典子さんが、日本学生支援機構平成23年度優秀学生顕彰事業の学術分野において大賞・奨励賞を受賞しました。

大賞受賞者の熊谷さんは、公衆衛生学分野にて、食事パターンと大腸がん罹患リスクの関連についての前向きコホート研究を国際学術誌に掲載、国内学会で発表した実績にが認められました。
奨励賞受賞者の橋田典子さんは、2012、2013年国際生体分子デザイン大会出場。2012年は薬剤のリポソーム内輸送システムで総合優勝、2013年は外的刺激によるリポソーム破壊システムで総合3位になりました。チームを代表し、英語プレゼンも担当しています。

日本学生支援機構では、学術、文化・芸術活動、スポーツ活動、社会貢献活動の各分野で優れた業績を挙げた皆さんに対して、これを奨励・援助し、21世紀を担う前途有望な人材の育成に資することを目的として、多くの方々から寄せられた寄付金を基にした「優秀学生顕彰事業」を実施しております。

pagetop