2014年11月19日

医学科6年生を対象に「医学部長からのメッセージ」と題して最終講義が開催されました

11月19日、臨床小講堂にて、大内憲明研究科長・医学部長による医学部医学科6年生を対象とした、最終講義が行われました。

発行前の艮陵新聞が配布されるとともに、音楽が流れて講義が始まるという斬新なスタートで、試験勉強で少し疲れ気味だった学生達にも笑顔が見られました。

東北大学の使命や地域貢献について、現在までの取り組みや達成状況、今後の展望などを中心に、社会全体を見渡した医学部長ならではの話題が続きました。

最後に、ご自身の留学経験や後に続く研究者紹介の中で、「世界で活躍する医師・研究者を目指してほしい。たとえ卒業しても東北大学医学部は皆さんを応援する」という力強いメッセージと東北大学公式校友歌「緑の丘」で締めくくられました。

今回の講義をもって6年間の全講義が終了となり、医師国家試験へ向けて、最後の追い込みが始まります。

pagetop