2014年12月11日

Muse細胞を用いたヒト3次元培養皮膚が実用化へ

 東北大学大学院医学系研究科細胞組織学分野の出澤真理教授は、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)、(株)Clio等のグループとともに、Muse細胞から皮膚のメラニン色素を産生するヒトのメラニン産生細胞を安定的に調製する方法を開発し、ヒト3次元培養皮膚を作製する実用化可能な技術を確立しました。

 これにより、医薬品や化粧品などの開発において動物実験を用いず、ヒトの皮膚により近い培養皮膚を用いることで、医薬品や化粧品等による白斑症等の副作用や、化粧品による美白効果の検証が可能になることが期待されます。

pagetop