2015年4月2日

胃癌のリスクを減らすサプリメント ~L-システインの効果は二日酔い改善だけではない

消化器病態学分野の飯島克則(いいじま かつのり)講師、前嶋隆平(まえじま りゅうへい)医師、下瀬川徹(しもせがわ とおる)教授らのグループは、アルコール摂取後の胃液中のアセトアルデヒドの増加が、非必須アミノ酸であるL-システイン投与によって抑えられることを明らかにしました。

本研究は、お酒に弱いALDH2不活性型の人でもL-システイン投与により胃液中のアセトアルデヒド濃度を抑制できることを初めて示した重要な報告です。お酒に弱いALDH2不活性型の人が、アルコール摂取による胃癌リスクを認識することや、飲酒時のL-システイン服用を推進することで、胃癌発症予防に貢献すると考えられます。
本研究結果はPLOS ONE誌に4月1日午後2時(米国東部時間、日本時間4月2日午前3時)に掲載されました。

pagetop