2015年8月6日

「微生物における生合成中間体を修飾した化学合成法の確立~抗ウイルス剤への応用~」

 東北大学大学院医学系研究科・大学病院・メディカルメガバンク機構兼務 児玉栄一講師らのグループは、東北大学大学院 薬学研究科、農学研究科、岩手医科大学と共同で、医薬品候補となる化合物を微生物が作り出す生合成中間体を利用して創製する方法を確立しました。この方法を使うと、通常の化学合成では合成困難であっても多様性を保持しながら効率よく合成していくことが可能となります。これらの中にこれまで治療薬がなかったアデノウイルスに対して抗ウイルス効果を発揮する化合物を見出しました。

 今回の研究成果は、平成27年8月3日午後4時(ロンドン時間、日本時間8月4日深夜12時)に、Nature Chemistry誌電子版に掲載されました。

pagetop