2019年3月8日

炎症反応を強力に抑える 活性イオウ誘導体の開発に成功

 熊本大学大学院生命科学研究部の澤智裕教授らのグループは、東北大学大学院医学系研究科 赤池孝章教授らとの共同研究により、細胞や組織に含まれる活性イオウと呼ばれる生体成分を人工的に増やすことができる新しい活性イオウ誘導体の開発に成功しました。
この活性イオウ誘導体は保存安定性に優れ、また細胞に作用させると速やかに細胞内に浸透して細胞内の活性イオウ含量を大きく増加させます。マクロファージと呼ばれる免疫細胞を使った実験から、今回開発した活性イオウ誘導体が極めて高い抗炎症作用を持つことが明らかとなりました。さらに、過剰な免疫反応の活性化によって致死的な病態となるエンドトキシンショックを起こしたマウスに活性イオウ誘導体を投与すると、マウスの生存率の著しい改善が認められました。

 今回の結果は、活性イオウが免疫機能の調節に密接に関わることを明らかにし、さらにこの活性イオウを人工的に増やすことで炎症病態を改善できることを示した画期的な成果です。今後、活性イオウを基軸とした新しい抗炎症療法への展開が期待されます。

 本研究成果は、2019年3月7日米国東部(EST)時間11:30(日本時間3月8日(金)01:30)に、Cell Pressの「Cell Chemical Biology」に掲載されます。
 

pagetop