2019年5月8日

東北大学とプロトセラ、 パーキンソン病進行抑制療法の候補分子絞り込みに成功 - 5分子を特許出願 -

 東北大学大学院医学系研究科 神経内科学分野の長谷川隆文准教授とウシオ電機株式会社(本社:東京都、執行役員社長 内藤 宏治)の連結子会社である株式会社プロトセラ (本社:大阪府、代表取締役社長 田中 憲次、以下プロトセラ)は、共同でパーキンソン病進行抑制療法の候補分子探索を実施し、その成果を2019年4月9日付で特許出願しました。

 哺乳動物の脳組織に存在する新規の線維化α-Syn受容体候補タンパク質が同定されたことにより、線維化α-Syn細胞間伝播メカニズムの一端が明らかにされるとともに、線維化α-Syn取り込みをターゲットとした伝播阻害薬の開発が期待されます。

 なお、本研究成果は2019年5月25日に第60回日本神経学会学術大会(会場:大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)・リーガロイヤルホテル大阪)で発表予定です。

【発表演題 Pe-068-2】
Comprehensive screening of the cell surface receptor for alpha-synuclein fibrils

pagetop