2019年8月7日

ウシの疾病に有効となる抗ウイルス効果の確認に成功 ~牛白血病などの新規制御法への応用に期待~

 北海道大学大学院獣医学研究院,同人獣共通感染症リサーチセンター,北海道立総合研究機構・農業研究本部畜産試験場,東北大学,北海道ひがし農業共済組合,扶桑薬品工業株式会社らの研究グループは,生理活性物質プロスタグランジンE2 (PGE2)及び免疫チェックポイント因子(PD-L1)を同時に阻害する方法により,牛白血病ウイルス (BLV) 感染牛の中でもウイルス量が非常に多いハイリスク牛においてウイルス量を減少させることに成功しました。

家畜の感染症のうちワクチンが樹立されている疾患はごくわずかです。ウシの慢性感染症では,開発したワクチンが期待された効果を発揮しない事象が認められており,新たな戦略が求められています。本研究グループは,このような慢性感染症において,生理活性物質PGE2や免疫チェックポイント因子 (PD-1/PD-L1等)を介した免疫細胞 (T細胞) の機能抑制が観察され,病態進行の助長に関わること,また,PGE2の産生を阻害する薬剤 (COX-2阻害剤) のみ投与,もしくは免疫チェックポイント阻害薬 (抗PD-L1抗体) との併用によって抗病原体免疫が増強されることを示してきました。しかし,これらの治療戦略の生体内における効果は明らかになっていませんでした。

 本研究では,BLV感染牛において病態進行に伴い血液中PGE2量が高くなること,COX-2阻害剤及び抗PD-L1抗体との併用によって,抗ウイルス免疫が活性化されることを確認しました。次に,COX-2阻害剤及び抗PD-L1抗体の治療効果を生体内で調査するために,BLV感染牛に対して臨床投与試験を行いました。その結果,COX-2阻害剤が生体内において抗ウイルス効果を発揮する (ウイルス量を減少させる) こと,さらに,COX-2阻害剤と抗PD-L1抗体との併用により,この抗ウイルス効果が増強されることを確認しました。本研究成果は,ウシをはじめとする家畜やヒトの研究においても前例がなく,家畜やヒトにおける慢性感染症の新規制御法としての応用が期待されます。

 本研究成果は2019年8月1日(木)公開のThe Journal of Immunology誌に掲載されました。

pagetop