2019年9月4日

分子生理学分野「助教」募集のお知らせ(10/31必着)

1.募集人員:1名

2.求人内容
当分野では、生活習慣病の基礎研究をエピゲノムによる転写制御の観点から行っております。特に脂肪細胞でのエネルギー代謝や中枢での摂食調節など代謝ネットワークを中心に個体・細胞レベルで研究を進めております。最近では、環境とエピゲノムの観点から、子宮内低栄養環境が生後の成人後の健康や疾病発症への関与について分子生物学的なアプローチを行っております。今回の公募では、特に神経生理学研究を行える優れた人材を求めています。また、これに限らず研究を通して将来の医学生理学・ライフサイエンスを担う研究者の育成と社会に貢献できる意欲と熱意のある方を求めています。

・仕事内容
(1)神経生理学、細胞生物学、分子生物学、インフォマテクス解析による実験・研究
(2)実習・講義 (生理学)

・応募資格
(1)本学・本研究科での教育・研究に熱意を持っている方。
(2)着任時に博士の学位を有し、上記の専門分野の研究業績がある方。
(3)責任感と協調性を持って、生活習慣病におけるエピゲノム研究を推進できる方

3.着任時期 2019年11月1日以降で2020年4月1日までのできるだけ早い時期

4.選考方法
 書類選考の上、面接を行います。面接の日時については後日連絡します。面接に伴う交通費等は自己負担とします。提出書類等の返却は致しません。応募書類は本選考のみに使用し、選考終了後は責任をもって破棄致します。選考結果は郵送にてお知らせ致します。
※応募書類の提出時は『簡易書留』とし、封書には「分子生理学分野教員応募書類在中」と朱書きして下さい。

5.送付書類
(1)履歴書
・大学卒業以後の学歴を記載し、博士学位については、取得年月と博士学位名および授与機関を記載してください。
・職歴すべてを記入し、期間、職名、職階等についても記載してください。
・所属している学会を記載してください。
・本人の署名または記名押印してください。
・問合せを行う際の電話番号およびメールアドレスを記載してください。

(2)教育研究業績書
・著書、論文、学会発表(国際学会、招待講演等)、特許等の区分をして明示してください。
・教育歴については大学・学部・学科、担当科目名称、期間等を記載してください。

(3)主要研究業績
・著書または論文5編以内(コピー、抜刷可)。

(4)研究の概要等を記載した書類(書式自由)
・現在までの研究内容の説明と今後の研究計画の概要(1,500字程度)および本学部において教育・研究を希望する理由(1,000字程度)を記載してください。

(5)科研費等の研究補助金の取得状況を記載した書類(書式自由)

(6)参考意見を伺える方の氏名等を記載した書類(書式自由)
・応募者について参考意見を伺える方2名の氏名・所属・連絡先ならびに応募者との関係を記載してください。

6.募集期間
2020年10月31日必着
※適任者が決まり次第、募集を締め切ります。

書類送付・問い合わせ先
 〒980-8575 宮城県仙台市青葉区星陵町2-1
  東北大学大学院医学系研究科 分子生理学分野
  教授 酒井 寿郎
  E-mail:jmsakai*med.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください)


・東北大学は共同参画を推進しており、多様な人材の積極的な応募を歓迎しています。
・東北大学には全学教職員が利用できる川内けやき保育園(定員30名)、青葉山みどり保育園(定員100名)および、星陵地区の方が利用できる星の子保育園(定員120名)の全国の国立大学の事業所内保育施設として最大規模の保育環境が整っています。また、大学内病院内に軽症病児・病後児保育室もあり、全学教職員が利用できます。
・その他、本学の両立支援、研究支援等の詳細及び共同参画の取組については、下記URLをご覧ください。

男女共同参画推進センターWEBページ  http://www.tumug.tohoku.ac.jp/

pagetop